« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月30日 (土)

キツネアザミ ψ(`∇´)ψ 2022/04/30

十数年前に火事で焼けて雑草野原になっている敷地に
何故か毎年こちらでは殆ど見かけないキツネアザミが出る。

202204301

202204302

デジタルカメラは普及版の安いカメラでも上のような画像から
202204303
素人でもトリミングでこんなに切り出せる。
フィルムカメラじゃできない技だね~~~~

| | | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

クサノオウ (* ̄(エ) ̄*) 2022/04/29

先月から見掛けていたが・・・・
2週間ほど前から本格的に咲き出してきた。

202204051_20220429224001

202204052_20220429224001

どこの部分でも傷つけると黄色い絵の具のような液が出るので間違いようがない。

液に触ったり、間違えて食したりするとアルカロイドの祟りに・・

ψ(`∇´)ψ いてこましたろうかい我

| | | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

ミツバアケビ雌花 (´o`)ハア~~ 2022/04/28

この独特の赤紫の色がたまらない。

202204222_20220428215401

202204221_20220428215401

\(‥\ ) (/‥)/

| | | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

ヒメスミレ2 (-◎_◎-) 2022/04/27

〇〇の付かないスミレ(通称:マンジュリカ)そっくりの小型版
二周りほど小さい。
202204223_20220427190301
 
202204222_20220427190301  
マンジュリカの葉が楕円形っぽいのに対しこちらは先細りの三角形のような葉。

202204221_20220427190301

202204224_20220427190301

鎌倉のお寺は良く見るとヒメスミレは見つかる。

\(‥\ ) (/‥)/

| | | コメント (2)

2022年4月26日 (火)

初夏に向かって \(‥\ )  2022/04/26

あと半月一寸で春と夏の間の端境期か

この地区では盗掘で滅んだはずなのだが
202204222_20220426205501

202204221_20220426205502

次に晴れたら蕾が開きそう
202204221_20220426205503

日当たりが悪いのに咲いている。
202204221_20220426205501

まだ端境期までにヤマユリ・キンラン・ギンラン・クゲヌマラン
マルバウツギ・ハンショウヅル
イワタバコ・お寺のカキツバタ・セッコク
その他色々見たいものがある。

| | | コメント (2)

2022年4月25日 (月)

シロバナハンショウヅル (* ̄(エ) ̄*) 2022/04/25

イヌザクラを見に行った先の公園にはシロバナハンショウヅルが今盛りだ。

202204225
白というよりクリーム色
ハンショウヅルとは完全に別物

202204224_20220425213401

202204221_20220425213401

202204222_20220425213401

202204223_20220425213401

来週あたりはハンショウヅルも咲きそうだ。\(‥\ ) (/‥)/

| | | コメント (2)

2022年4月24日 (日)

カワトンボとルリタテハ (*^.^*) 2022/04/24

そろそろ初夏に近づいて水路の周りにカワトンボが出始めた。
202204221_20220424221201
ただ今瞑想中・・・・

202204222_20220424221201
この透明な翅の奴が好きだね。
体も瑠璃色の金属光沢

ルリタテハ
この時期の奴は???
成虫越冬の個体なのかそれとも代替わりが済んだのだろうか?
202204221_20220424221501

翅を畳むと
202204222_20220424221501
雅なイメージが消えてしまう。

(*^.^*)

| | | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

イヌザクラ ▼-ω-▼ 2022/04/23

今年は盛りのイヌザクラを見る事が出来た。

202204221_20220423211401

202204222_20220423211501

202204223_20220423211501

202204224

昨年はお袋の介護日程と合わず見に行った時には散った後だった。

今年は今まで気がつかなかった公園の入り口に咲いているのを見つけた。
去年まで目の前に咲いていたのに素通りしたのかも。

ウワミズザクラも今頃咲いているかもしれないが5月に入らないと時間が取れない。
(/_;)

| | | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

イカリソウ白花 ▽-ω-▽ 2022/04/22

イカリソウ(メギ科イカリソウ属)
白花
202204221
 
竹で有名な鎌倉報国寺の門をくぐって10m位の右の土手に植えられている。
202204223
 
流石に他人の目がある所なので盗掘をしたり花を摘んだりする人間は居ない・・・と思う。
202204222
 
まーそもそも竹寺というイメージが大きいので参拝客は野草に目が行かないのかもしれない。
カメラを向けていても誰も立ち止まったりしないで通り過ぎていく。

| | | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

コバノタツナミ白花 (^▽^*) 2022/04/21

住宅街の空き地の隅に
202204201

コバノタツナミの白花が咲いていた。
202204203

この10年ほど彼方此方で見かける白花。
多分園芸品種が出回っているのだろう。

(-◎_◎-)

| | | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

ツクシとヒメ (^▽^*) 2022/04/20

先日載せたツクシスミレが2週経って盛りになった。
202204192_20220420174801

202204193_20220420174801

202204191
環境が合わなくて滅びたのかと思っていたが単に時期の問題だったようだ。

こちらは商店街の歩道の隅にチラッとスミレっぽい色が目に付いたのでよく見るとヒメスミレだった。
202204061_20220420175101
スミレのそっくりさんのスミレだが細身で小ぶり(花径1cm)くらいかな。

街中歩いていても有るもんだね~~~~

| | | コメント (0)

2022年4月19日 (火)

ホタルカズラ (* ̄∇ ̄*) 2022/04/19

「そろそろホタルカズラの季節だなぁ~~~」等と朝思っていた・・・

お袋をショートステイに出したので今朝はテニススクールへ

目の前の崖の3m位のところに毎年ホタルカズラが細々と出るので覗き込むと一本だけ出ていた。
20220419

テニスの前に時間があったのでスクール前の脇道を奥まで少し歩く。
辺りをキョロキョロしていると電信柱の周りに・・・・
202204192

202204193
「ほれっ、幾らでも撮って良いよ~~~」と咲いているホタルカズラを発見。

いやーこんなところに堂々と咲いていたのか・・・・

(^^;★\(-.-;)

| | | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

花筏(ハナイカダ) (^▽^*) 2022/04/18

まだ蕾のようだが花筏を見つけた。

202204051_20220418174101

202204052_20220418174101

葉の表面から花が咲く変な奴だが・・・・

如何やら葉脈から蕾が出ているようだ。

そう考えると違和感が薄れる。

なかなか探しても見つからなかったが昨年偶然見つけた。
まさかお寺の拝観料を取る入口のすぐ裏にあるとは思わなかった。

| | | コメント (2)

2022年4月17日 (日)

コバノタツナミ (´o`)ハア~~ 2022/04/17

家のベランダのプランターにコバノタツナミが咲き誇っている。

202204151
プランターの縁が写り込んでいるな

202204153
枯れた雑草が無ければもっと良かったのだが。

202204154
この画像でもよく見れば別名のビロードタツナミが納得できる。

202204152

まー何とか良い色が出たかな。

| | | コメント (0)

2022年4月16日 (土)

ウラシマソウ (-◎_◎-) 2022/04/16

春の不気味ちゃん代表
ウラシマソウ
サトイモ科テンナンショウ属
202203232_20220416210701
里芋の仲間
「ミズバショウ」や「ザゼンソウ」はサトイモ科ミズバショウ属
 
近所の林床下には幾らでも有る。
202203232_20220416210701
 
花の部分のアップ
202203233_20220416210701
仮面ライダーの怪人のモデルにお勧めしたいね。
 
(´o`)ハア~~

| | | コメント (2)

2022年4月15日 (金)

タチツボスミレ ψ(`∇´)ψ 2022/04/15

日本のスミレの仲間の中で一番個体数は多いのでは無いかな~~~~
202204051_20220415212101

202203092_20220415212801

202203091_20220415212801

202203231_20220415212801

202203093

葉脈が赤いアカフタチツボと言えるのかも?という個体も有る。
202203231_20220415213001

(´o`)ハア~~

| | | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

七重八重 (* ̄∇ ̄*) 2022/04/14

七重八重花は咲けどもヤマブキの実の一つだになきぞ悲しき・・・・

202204051_20220414195201

202204052_20220414195201

テニスコーチは毎年この名前を忘れるようだ。

| | | コメント (6)

2022年4月13日 (水)

カラタネオガタマ (* ̄∇ ̄*) 2022/04/13

江戸時代中期から明治初期までに中国から来たモクレン科の樹木。

202204133

202204132

202204131

神社仏閣などでも見かけることがある。

今年は花数が多いようだ。

(* ̄∇ ̄*)

| | | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

ツクシスミレ (* ̄∇ ̄*) 2022/04/12

数年ぶりに以前、誰かが撒いたと思われるツクシスミレの生き残りを見つけました。
(九州の筑紫に行かないと見れないスミレ)
202204051_20220412193001

202204052_20220412193001

前回見つけた時は土手に沢山のツクシスミレが咲いていましたが翌年に少し見られてからは花期とタイミングが合わずに観察できずに来ていました。
マクロを持っていなかったので細かい所まで見えませんが特徴の黄色い部分が微かに・・・

| | | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

アリアケスミレ (-◎_◎-) 2022/04/11

アリアケスミレ
白に近い株
202204052_20220411190901
 
これも車道と歩道の境目に毎年出る。
202204053_20220411190901
 
これだけ毎年花をつけるのだが勢力範囲が広がる様子は無い。
202204051_20220411190901
 
(* ̄(エ) ̄*)

| | | コメント (4)

2022年4月10日 (日)

スミレの花 ▼-ω-▼ 2022/04/10

近所の平潟湾と歩道の隙間のスミレが花盛りだ。
202204065

濃い紫のスミレの色が・・・
202204063_20220410222501

202204062_20220410222501

202204061_20220410222501

202204064_20220410222501

木曜日に、お袋の下前歯一列が折れたとショートステイから連絡があり帰宅後に訪問歯科と相談して折れた歯の尖っている部分の角を取って入れ歯や挿し歯などの修復は諦めることに。
どちらにしろ今はゼリー状の物とかお粥や伸びてふやかした麺のようなものを中心に食べさせているので何とかなるか様子を見ている。
昨日今日と問題なく食べ一日に一回くらい「痛い」とか声に出す。
何とかなりそうだ。

(´o`)ハア~~

| | | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

スズメノエンドウ花盛り ▽-ω-▽ 2022/04/09

目立たないけれど秘かにスズメノエンドウが花盛りだ。

202204072
実に小さいマメ科だ

カラスノエンドウとの比較撮影。
202204073

しっかりとマメ科の花の形が判る。
202204071

まー老眼と乱視が強くなったσ(-_-;)の眼には・・・・
裸眼じゃ無理だけど。

ついでに葉の形もカラスノエンドウが丸みを帯びた楕円形なのに対しスズメノエンドウは細くて楕円形とは言い難い。

数年前に近所でもスズメノエンドウが目に付くようになったが元々あったのにσ(-_-;)の眼に映っていなかったのか、急激に増えたのかは判らない。

| | | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

キランソウ (^▽^*) 2022/04/08

キランソウ
ショカツサイの下の絨毯状のやつね。
別名:地獄の窯の蓋 薬草として使用すると地獄の窯に蓋をしてしまうほどの効き目があるという意味。
202204052_20220408190801 
この時期は画像のように大きくても掌サイズの面積だがあっと言う間にA3ぐらいの面積に広がる。
同じ仲間には十二単や園芸品種のセイヨウジュウニヒトエ(怒・ムラサキ)今の人はジュウニヒトエとはこれだと思っている。
在来種のジュウニヒトエは白に近い色をしている。
有名なのはニシキゴロモかな。(^^;★\(-.-;)

| | | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

フデリンドウ (* ̄∇ ̄*) 2022/04/07

公園敷地内にフデリンドウが群生している。
202204063
 
他の雑草の隙間からも顔を出す。
202204061
 
202204062
日が蔭ると花を閉じてしまうが此処のフデリンドウは反応が悪いのか??
 
202204064
横からの姿も良いな・・・・
 
殆どの人は気がつかずに通り過ぎるが・・
たまにフデリンドウを知っている人が・・・
ただそういう人の中には花が開いていないと蕾などは目立たないので踏み荒らしそうな人も・・・
(/||| ̄▽)/

| | | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

季節の動き \(‥\ ) (/‥)/ 2022/04/06

今日は少し暖かった。
近所の季節の動きを少し

アカメガシワの新芽が吹き出した。
202204051_20220406181801

里山的な所にはキツネノボタンが咲いている。
202203231_20220406181801

誰かが植えたのだろうキツリフネの新芽が毎年顔を出す。
202204051_20220406181901

もうシャガが咲いているなと感心していたら
202204051_20220406182001
近所の民家では花盛りだった。

畑でもないのにポツンと一株
バイモが咲いている。
202204051_20220406182201

今年も春先のトリカブトは元気だ。
20220324

野草も園芸品種も季節は動いている。
(´o`)ハア~~

| | | コメント (2)

2022年4月 5日 (火)

タニギキョウ (* ̄∇ ̄*) 2022/04/05






タニギキョウ(キキョウ科タニギキョウ属)
花の径が8mmくらいか。
こんなに小さいのにキキョウの仲間で外来種ではない。
202204052
 
202204053
 
202204051
 
10日ほど前は芽が出たばかりで花の気配は全くなかった。
202202231_20220405201501
 
タニギキョウと初めて出会ったのは那須高原の帰り道たまたま休憩した川沿いの遊歩道
それから数年「まさか近所にあるとは思わなかった」と衝撃を受けたのは何年前だったか。

| | | コメント (2)

2022年4月 4日 (月)

ヤマルリソウ (* ̄∇ ̄*) 2022/04/04

ヤマルリソウ(ムラサキ科ルリソウ属)
ワスレナグサ(ムラサキ科ワスレナグサ属)に良く似ている。
202203253_20220404181801
半日影のチョット湿り気の有るような所に繁殖する。
202203251_20220404181801
これは腐葉土に覆われた土手に毎年生えるヤマルリソウ。
このロゼットは直径が20cm位かな。

202203252_20220404181901
昨年の多雨で崩れた土手にも

| | | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

アリアケスミレ ヽ(^o^)ノ 2022/04/03

バスも通る道路の道端には今年もアリアケスミレが咲き出している。

202203291

202203292

202203271_20220403200101

海岸沿いの歩道にもスミレが出始めているので明日の雨さえ終われば紫一色のスミレが見られる。
外来の紫のスミレは風情を感じられないのでパス。

| | | コメント (2)

2022年4月 2日 (土)

春の昆虫2種 ヽ(^o^)ノ 2022/04/02

日射しも少なく北風が吹いているのか寒いね~~~

その寒さを成人越冬で乗り切ったテングチョウ \(‥\ ) (/‥)/

202203252_20220402194901

202203251_20220402194901
よく頑張ったψ(`∇´)ψ

ビロードツリアブも昆虫界のスプリングエフェメラル
202203231_20220402194901

202203232_20220402194901

202203233_20220402194901
ヨッコラショと一休み

ビロードツリアブも何方かといえば蜂と間違えられて嫌われる可哀想な昆虫だね。

| | | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

キブシ (* ̄(エ) ̄*) 2022/04/01

キブシ
202203231_20220401213001
 
202203251_20220401213001
花簪(花かんざし)って良い別名だな。 \^∇^/

| | | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »